ブランド宅配買取のデメリット

ブランド宅配買取VSネットオークション[不用品を売るなら]

MENU

ブランド宅配買取のデメリット

自宅にいながらブランド品の売却が可能なブランド宅配買取ですが、メリットのほかにデメリットもあります。

 

事前にどういうデメリットがあるのかを把握しておくことで、上手に利用することが可能になります。
まず、これはブランド宅配買取に限った話ではありませんが、希望の金額で売れないことがあります。

 

思っていたより安く売ることになる可能性があるというのがデメリットですが、ブランド宅配買取の場合はキャンセル費用がないので安心です。

 

また、多くのブランド宅配買取業者では対応してくれますが、古いブランド品や壊れたブランド品の買取が拒否されることがあります。ただ、これもブランド宅配買取業者以外にもいえることなので、買い取ってくれる別のところを探すことで解決する問題といえるでしょう。

 

それから、すぐにお金を得ることができないというデメリットがあります。

 

宅配キットが届き、売りたい品物を送り返すのに日数がかかるため、店舗に持ち込んだ場合のようにその日のうちに現金を手にすることは難しいでしょう。

 

ただし、査定が終わり金額に納得すれば、即日入金してもらうことは十分に可能です。
その他、誰でも利用できるわけではない場合があるというデメリットもあります。

 

年齢制限が設けられていることがあり、18歳未満や高校生の場合、保護者の許可が必要だったり、場合によっては利用自体が不可能な場合があります。

 

この場合、買い取り希望のブランド品がある場合には親に頼むなど、年齢制限上問題ない方法で売却する手段を選びましょう。