査定が安かった場合の対策

ブランド宅配買取VSネットオークション[不用品を売るなら]

MENU

査定が安かった場合の対策

ブランド宅配買取に依頼し、査定が思っていたより安かった場合、どうすれば良いのでしょうか。

 

まず、妥協できる範囲の金額ではない場合、即決しないほうが良いでしょう。
いったんキャンセルし、ブランド品を送り返してもらったほうが良いです。

 

ただ、前提としてキャンセル料金が発生しないところ、返送費用がかからないところを利用する必要があります。そうしないと、ブランド品を売ることで得られるはずのお金が得られないばかりか、余計な出費を招くことになるからです。

 

一度送り返してもらったら、他のブランド宅配買取業者に査定してもらいましょう。
これで最初に依頼したところより高額で、金額に納得がいくようでしたら売っても構いません。

 

一社目と同様に査定額が安かった場合には、他のところにまた頼むか、諦めるか検討します。
また、一社で納得いかなかった場合、ブランド宅配買取以外の選択肢があることも考えたほうが良いでしょう。

 

買取店、質屋、オークション、リサイクルショップというように、お金にする方法は他にもあります。なお、大体どのぐらいで売れるのか知りたい場合には、事前査定が可能なブランド宅配買取業者をあたってみると良いでしょう。

 

サイト上で必要事項を入力すると概算の査定金額を知ることができたり、自分の売りたいブランド品を検索して概算の査定額を知ることができたりします。

 

この事前査定を利用していても査定額が安くなる場合には、商品の状態が悪い、付属品が揃っていないなどの原因が考えられますので、対処が可能な店があれば改善し査定依頼をしましょう。